夏休みと睡眠

こんにちは、ネムチカです。

今日はとても暑くなりそうな関東地方ですね。夏休みもあと数える程度。高校野球が終わるとなんとなく急に寂しくなって、日が暮れるののも早くなってきたような気がします。

でも、せっかくの夏休みを最後まで満喫したい子どもたちは、まだまだ全力です。

寝て、起きて汗かいて遊んで、また寝て…。ん?そろそろ学校ですよね。朝起きれそうですか?

できればこの時期から、少しずつでも朝の時間を9月からの始業に合わせた時間に戻すようにしてみてください。特にいつもと同じように生活しているご家庭や、ご両親とも働きに出られていて、お子さん自身も学校(もしくは幼稚園)などの代りに同じ時間に出向くところがあれば問題ありませんが、「夏休み特別ルール実践中」のご家庭は、誰よりご本人が辛くなりますので、ここから少しずつ生活リズムを整えてみてはいかがでしょうか。

 

早くはなかなか眠れない

人の体に備わるいくつかの時計の中で、大きなリズムを刻む時計は24時間きっちりには動いていません。24時間よりは少し長めにセットされています。そのため、睡眠は後退していきます。寝付く時間が後ろにずれていくのです。その誤差を毎日、人はその自分の時計と社会の時計を合わせて生きることになります。

これは大人も子どもも同じですが、これだけ長い夏休みを過ごし『はい、明日からは元の生活よ!』と言われてもなかなか一気には戻りません。加えてこの時期からの宿題の追い込みもあったりで、睡眠時間はどんどん後ろに……なんて。

そこで1つの提案が「起きる時間」を元に戻す。

そして「一定にする」です。

実は夏休みに限ったことではありませんが、「起きる時間」を一定に保つことは、とても体や精神的にとって良い作用があります。

(このお話はまた別の機会に)

 

【時間の決め方】

1、起きる時間を決める(学校がある時間に戻す)

2、お子さん(ご自分もしくは家族)に必要な睡眠時間を確認する

【推奨】睡眠時間 を参考にしてみてくださいね。

3、推奨時間から就寝する時間を割り出す

 

たったこれだけのことですが、思った以上に気づきがあるとのお声をいただきます。

時間があればご自分や家族みんなの生活サイクルの見直しをしていただくのも、とてもいいと思います。

早めの就寝時間でたっぷり寝ているお子さんと、就寝時間が遅く寝不足なお子さんの学力の研究結果では、やはり前者の就寝時間早め十分な睡眠時間をとられているお子さんの方が学力が高いという結果がアメリカで出ています。

やはり、睡眠は学力にも体力にも影響するんですね。

そんなお話を来月9月10日にさせていていただこうと思っています。

ご興味のある方はこちらも御覧ください。

【セミナー告知】9月10日(日)『睡眠でかしこい子を育てる』

どうぞ今宵もよい眠りを!

ネムチカでした。

本日も御読みいただきありがとうございます。

 

関連記事

  1. ウエアラブル活動計

  2. 一人寝 芝生で寝る

    睡眠は孤独な作業

  3. お酒と睡眠

  4. 睡眠時間と就床時間

  5. 絶賛、睡眠後退中!

  6. 睡眠とカフェイン

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

プロフィール

2T2_7522

ヨシダヨウコ

寝具店の娘として生まれる。数年前の母の介護生活から睡眠の重要性を再認識し、25年勤務した出版社で得た編集、営業、企画開発の経験から、漢方、発酵食(発酵食大学受講)、アロマ(AEAJ)、入浴方法(無添加自然派石けん、眠れるための入浴剤は自作研究)、リラクゼーションヘッドスパなどを取り入れ、日々「心地よく眠る方法」を探求しながら各方面へ発信中。各世代に必要な眠りと心地良さをお届けしたいという思いで活動をしています。

最近の記事

  1. 天使 居眠り
  2. クイズ 男性 クエスチョン
  3. Woman watching on mobile phone
  4. あくび 子ども 寝る
  5. 一人寝 芝生で寝る

今後のイベント

今後のイベントはありません