「安全」「安心」には睡眠が不可欠です

運転手

おはようございます。快眠コンシェルジュのヨシダヨウコです。

先週からお送りさせていただいていますメールマガジン「ネムレール」ですが、ありがたいことに非常に多くの方から反響をいただきました。
ありがとうございます。
「季節にあった話題でよかった」「通勤時間にサクッと読めてよかった」などご意見や感想もお寄せいただき、思いが伝わったようで、その安堵感でウルッとしてしてしまいました。

まだの方は、よかったらこちらから登録してみてくださいね。
↓  ↓
https://17auto.biz/nemurinochikara/registp.php?pid=2

安全と睡眠

毎日お仕事で車や乗り物を運転するという方は少なくありませんよね。営業先に出向く方、交通機関に勤務して運転される方、工場、工事現場などで重機を操作される方、ほんと数多くの方が一歩間違えると大事故につながってしまう「乗り物」を運転しています。

もちろん、誰しも事故を起こしたりしたいとは思っていませんが、そこは人が操作する以上、体調不良や不注意で悲しいことに起きてしまうこともあります。

事故はその方に心身のダメージを与えるだけでなく、そのご家族にも影響が及びます。
また、会社側の責任という意味でもこの頃は追及される問題となってきています。

「睡眠」が社会に及ぼす影響として、5月にはこんなニュース記事が発表されていました。

yahooニュース 睡眠不足は乗務できない

 

「睡眠不足の人は乗務してはいけない」という記事でした。

今まで乗務員の病気などについて、会社側が把握しておくことは義務づけられていたものの「睡眠」までは問われていませんでした。

ここ数年で運転や配達、運送に関わる方の人手不足や業務過多による事故は後を絶ちません。無理な業務シフトからの昼夜交代勤務、さらに労働時間の延長など働く方への負担は増える状態だったのかもしれません。

会社側も「安全」「安心」に関しては重々気を配り、乗務される方の健康には気を配っていてはずです。どんな場合でも事故を未然に防ぐのは、会社としてもリスクを減らすもっとも重要な課題でもあります。

ただ、「睡眠」は会社側としても非常に管理するのは難しいのも事実です。

『家ではきちんと休養をとってくださいね』『睡眠時間を確保しましょうね』と注意喚起をしても、個人の生活までは事細かにチェックすることはプライバシーの問題もあり、難しいからです。

先日お会いした運輸関係の会社の方もそのようなことを話されていました。

「睡眠」の何が大事か

前にも書いたかもしれませんが、よく人にお会いすると『睡眠って大事ですよね』とお声がけくださいます。

その通りです。大事です。

でも、どういったことが大事で、どうしてあなたに必要なのか、残念ながらそれが浸透していないんです。

私の思いは「睡眠をしっかりとって、活力ある毎日を」過ごしていただくことです。
そのために、できるだけ多くの方にその大事さをお伝えしたいと日々活動しています。

お仕事をすることで、大事なものを失わないために、日々の生活が「安全」で「安心」できるために何ができるのか、今日も考え続けていこうと思います。

運輸関連の方で「睡眠改善」「睡眠指導」などのご興味のある方は遠慮なくお声がけください。
ご一緒に「安全」な毎日を考えていきたと思っております。

では、今宵もよい眠りを!
ヨシダヨウコでした。

【お知らせ】
6月にはカルチャーセンターで「女性の睡眠」セミナーを開催いたします。
どうぞお近くの方お立ちよりくださいね。

◆【セミナー】ヨークカルチャーセンター 小杉
https://nemurinochikara.com/news/seminar20180628/

◆【セミナー】よみうりカルチャーセンター 川崎
https://nemurinochikara.com/news/seminar20180630/

 

関連記事

  1. 音楽

    寝るときの音楽

  2. ブラインド カーテン 安眠 快眠

    快眠に必要な寝室のカーテンの替え時は今

  3. ネムリノチカラ ロゴ

    ネムリノチカラのキャラクターは何故「ふくろう」なのか?

  4. つぼくさ

    睡眠とカフェイン

  5. 鉄 鯛

    とても硬い鯛!?

  6. お酒と睡眠

プロフィール

2T2_7522

ヨシダヨウコ

寝具店の娘として生まれる。数年前の母の介護生活から睡眠の重要性を再認識し、25年勤務した出版社で得た編集、営業、企画開発の経験から、漢方、発酵食(発酵食大学受講)、アロマ(AEAJ)、入浴方法(無添加自然派石けん、眠れるための入浴剤は自作研究)、リラクゼーションヘッドスパなどを取り入れ、日々「心地よく眠る方法」を探求しながら各方面へ発信中。各世代に必要な眠りと心地良さをお届けしたいという思いで活動をしています。

最近の記事

  1. 講演 業界団体
  2. ホテル ベッド

ネムリノチカラ Instagram