世界一寝ていない貴方へ

女性 眠れない

おはようございます。
快眠コンシェルジュのヨシダヨウコです。

ゴールデンウィークも終わり、ちょっとやる気が出ないこの週ですよね。
季節はずれに寒かったりまた、暑くなったり。身体の調子を崩してコンコンと咳をしてい人が多いような気がします。

そんな5月はご存知のように体調や精神的にもバランスを崩しがちです。

多分この不調はお薬や食べ物ではなかなか治らないんです。長いおやすみで崩れてしまった生活リズムは毎日ちょっとした事を重ねて調整する事で元に戻すの必要があります。

これを放っておくと悪化して、本当に5月病発症なんて事になりたくないですものね。

リズムを戻す

まずは同じ時間に起きる。
これは会社や学校が始まれば自ずと望まなくてもそうなりますけどね。

問題はこの週末!ゴールデンウィークの疲れとやっと頑張った今週の疲れが合わせ技でやってきます。そうなると心が「いいんじゃない、今日は予定もないし、夕方まで寝ちゃう!?」と悪魔的なささやきが聞こえます。
これを土日に続けてしまうと、来週はさらに辛くなってしまうんですね。

どうか、今週末は同じ時間にまず、起きて活動して、お昼寝プラスで乗りきってみてください。

日本は睡眠短眠国

日本人が世界的にも短眠なのはこのところよく聞く話しなってきていると思いますが、その日本人で男性と女性どちらが短眠でしょう?

そう、日本は女性の方が睡眠時間が短いと言われています。実は他国は男性の方が睡眠時間が短いのです。

では、何故?
家事、子育て、介護、そして仕事!休む暇なく動き回るママさん達を見ていると、頷けますよね。
統計的にも40歳代の女性が睡眠時間が最も短いとの結果が出ているんです。

いくら元気でも、いくら忙しくても、体は悲鳴を上げているかもしれませんよ。

日曜日はちょうど「母の日」でもあります。

ゆっくりしなれていないママさんさんたちはちょっと居心地の悪さを感じるかもしれませんが、たまにはお昼寝してみるのもいいかも。

女性は妊娠、出産ななどのライフイベントにあわせて睡眠も変化しやすくなりなす。
昔のようにグッスリとはいかなくても、質の良い睡眠をとることで、生活習慣病やガン、認知症などを予防していくことも可能です。

どうか日曜日は少しの朝寝坊と、お昼寝をママにプレゼントしてみてもいいかもしれませんね。

そんな体に起きる影響や、睡眠のメリットについて、明日は宇都宮で女性向けにお話しさせいただきます。

日時:2018年5月12日(土) 15:15~16:15(約1時間)
場所:とちぎ男女共同参画センター パルティ
http://www.parti.jp/center/07.html
費用:1,400円(プチお土産付) 当日会場にて承ります
お申込み:https://docs.google.com/forms/d/1o1FwLQ9jMTvqIj0szHAqf3cp3tpUFLaFQgYUSIMZ0JA/edit

詳しくは、
https://nemurinochikara.com/news/seminar20180512/

お時間あればぜひ、お越しください。

お待ちしております。

では、今宵も良い眠りを。
ヨシダヨウコでした。

関連記事

  1. ベッド 脚 悩み

    むずむず脚症候群

  2. セミナー 睡眠 女性

    【ご報告】睡眠改善アドバイザーと作る、眠りを誘うアロマワックスサシェと…

  3. 眠る 睡眠 女性 ナイトキャップ

    更年期と睡眠

  4. セミナー 顔 睡眠 

    【ご報告/終了】12月3日(日)『美と睡眠』セミナー @そごう横浜店

プロフィール

2T2_7522

ヨシダヨウコ

寝具店の娘として生まれる。数年前の母の介護生活から睡眠の重要性を再認識し、25年勤務した出版社で得た編集、営業、企画開発の経験から、漢方、発酵食(発酵食大学受講)、アロマ(AEAJ)、入浴方法(無添加自然派石けん、眠れるための入浴剤は自作研究)、リラクゼーションヘッドスパなどを取り入れ、日々「心地よく眠る方法」を探求しながら各方面へ発信中。各世代に必要な眠りと心地良さをお届けしたいという思いで活動をしています。

最近の記事

  1. 大勢のセミナー
  2. ベッドルーム
  3. 女性 眠れない
  4. 未病
  5. バランスボール

ネムリノチカラ Instagram