そうだ!勝間和代さんもそう言っていた。

こんにちは。マイナス1歳から85歳までの睡眠をサポートする快眠コンシェルジュのヨシダヨウコです。

春になってきましたね。

少し寒くてもダウンコートやなんかマフラーとか、さすがに恥ずかしい感じになってきました。

オシャレさんはもっと先取りして、一足先にブーツやタイツも卒業してミュールとか素足という方もいます。

厚着していた冬支度を解くと気になるのが、自分のカラダ⁉️だったりしませんか?

冬場しっかりコートに下で隠れていたものが、春になって一枚、一枚と薄着になって隠しきれなくなって、自分も認めざるおえない感じになってきて、自己嫌悪に陥るなんてこともあります。

そうなると「痩せなきゃ……」って思いますよね。

きっとダイエットって、一生しては挫折、しては挫折で終わらない、堂々巡りのようなものなんじゃないか?って感じたりもします。

そんな時に勝間和代さんのYouTubeがふと目に入りました。

YouTubeって、自分の履歴に合わせて勝手に「あなたこんなの好きなんじゃない?」ってオススメを表示してきます。なんで勝間和代さんのYouTubeが表示されたのかは、ダイエット話題でもなく、睡眠話題でもなく、たぶん「ホームベーカリーで全粒粉のパンを焼く」そこから紐付元気られてきたと思います。

ホームベーカリーの話はまたいつか書きますが、そのオススメでポップアップされた、動画をいくか拝見したら、あら!大変。睡眠話題も入ってました。

勝間和代さんが体重が落ちた理由は3つ

その理由が知りたくて、思わず再生してみると……

ご本人曰く、テレビに出ていらした頃は一番太っていた時期だそうです。動かないし、外食も多く、とにかくカロリーは気にしてもそのほかはあまり気にしていなかったそうです。

そこで生活を見直し、多くの本や論文を読んで行き着いたのが、この3つだそうです。

1、栄養のあるものを食べる

2、こまめに動く

3、しっかり7〜8時間寝る

だそうです。

ふむふむ。

現代人ってカロリーは気にするけど、意外と栄養素に関しては無頓着だったりします。カロリーばかり気にしてバランスよく食べることを忘れていると、栄養失調症になることも珍しくありません。

そのためカラダに必要な栄養素をきちんと補給した上で痩せることを目指す。逆に必要な栄養をとらないと痩せない場合もあるわけです。

それとあとは「動く」それもこまめに動く!

テレワークも増えて家から一歩も出ないなんて人もいます。歩かない、動かないでは痩せないのは当然ですが、カラダの調子も悪くなりますし、病気、生活習慣病を招く第一歩にもなります。

とにかくちょこちょこでも動く。

これ、3番目の睡眠にも十分関係してくるんです。

動いてないとカラダが疲れず、脳ばかり疲れて夜の睡眠の質にとても影響してきます。

勝間さんは7~8時間しっかり寝る!とおっしゃってます。

なぜなら寝ていないと「空腹が我慢できない」から!

そう、ストレスに強く、我慢する気持ちを作るためにもきちんと「寝る」

そういった意味でバリバリ働く人は、ほんと「睡眠」大事にする人が多いです。決しておろそかにしません。

仕事のため、幸せになるため、そしてダイエットのためにも大事な「睡眠」見直してみてはいかがでしょうか?

では、今宵も良い眠りを。

睡眠の質を上げた方!

↓ ↓

睡眠相談

 

勝間さん動画はこちらでした。

関連記事

  1. お昼寝 ノート

    暑いし、金曜日でもありますし、お昼寝いかがでしょう?

  2. お昼寝

    「お昼寝」推進委員会

  3. バカボンのパパ

  4. 朝型 VS 夜型

  5. 一人寝 芝生で寝る

    睡眠は孤独な作業

  6. Sleep paralysis concept. Young man levitating over bed

    睡眠をトレーニングするという考え方

プロフィール

2T2_7522

ヨシダヨウコ

寝具店の娘として生まれる。数年前の母の介護生活から睡眠の重要性を再認識し、25年勤務した出版社で得た編集、営業、企画開発の経験から、漢方、発酵食(発酵食大学受講)、アロマ(AEAJ)、入浴方法(無添加自然派石けん、眠れるための入浴剤は自作研究)、リラクゼーションヘッドスパなどを取り入れ、日々「心地よく眠る方法」を探求しながら各方面へ発信中。各世代に必要な眠りと心地良さをお届けしたいという思いで活動をしています。

最近の記事

「LINEお友達」はじめました

友だち追加

集英社OurAge 「ニッポンマダムの睡眠改革」連載中

OurAge

【アメブロ】快眠のヒントがここにも