ネムチカの睡眠事情(1)「なぜ前髪が白いのか」

ネムリノチカラ

こんにちは。

ネムリノチカラのネムチカです。

いつも睡眠についてあれこれお話ししていますが、『そういうあなたは、ちゃんと寝れているんですか?』とのご質問。

ほんとそうですよね。

 

「前髪が白い理由」

 

 

会社員時代の睡眠と今の睡眠時間は全く変わりました。

まずはその長さ、

直近会社員時代:24:00~5:30          → 約5時間半

現在     :23:30~7:00(or 7:30)    → 約7時間半(or 約8時間)

という感じです。毎日2時間以上の差が生まれている計算です。

1か月で換算すれば、その差は 2時間×30日=60時間=2日と半日!!

毎日睡眠負債がある場合は、2週間程度で徹夜状態と同じくらいパフォーマンスが低下するとの調査があります。その頃の自分であれば、毎日徹夜状態で、ギリギリ通勤途中の睡眠だったりで辛うじて補うことと、休日の数時間の延長でなんとか負債分を完済までいきませんが返済していたように思います。

 

今思い返しても「いつも眠い、睡眠が全く足りていない!」「身体や精神的にも疲労が蓄積する」「痛みがとれない」「背中のこりが激しくて息苦しい」「髪が抜ける、パサつく」まだまだいろいろなことがありました。このような生活を長年してきたので、実際のところ当たり前と思っていたのも確かです。特に社会人になりたての若いころに編集のお仕事をしていた時などは、14日間で10時間の睡眠!?などということもありました。その頃は締め切りとの闘いもあり、寝に家に帰ることもできず、デスクで仮眠(というか気を失ったのかも)して、仕事をし続けました。普段も終電で帰れればよい方で、明け方帰宅して2時間3時間仮眠してシャワーを浴びてまた、出社を繰り返していました。いくら若いとはいえ、その時に身体からのSOSは『前髪が白髪』に変化したこと。身体からの睡眠不足、栄養不足のシグナルだと思いました。その白髪は20歳代前半から治ることはなく、今も白いままです。みなさん「おしゃれなメッシュですね。。」と言ってくださるので、そのままにしていますが、私的には自分への睡眠不足への警鐘な感じでもあります。

 

「必要な睡眠時間」は個々に違います

 

実際、今 自分の本当に必要な睡眠時間の長さを手に入れるのに半年かかりました。

心地よく、よりパフォーマンスを上げられる眠りの長さ、そして質!

これらを見極めるために自分の睡眠を見つめ直した半年だったと思います。

睡眠不足は今日明日の身体づくりではありません。忙しい毎日を過ごしている方だからこそ、これから先の体の不安材料(認知症、がん、生活習慣病など)を減らすためにも、どうかご自分の「睡眠時間」を見直してみてください。

ネムリノチカラでは、そんな方々のお手伝いをさせていただきたいと思っています。

どうぞ睡眠環境、睡眠改善のについてお寄せください。

 

本日もお読みいただきありがとうございます。

ブログは毎週火曜、金曜更新中です。

 

では、今宵もよい眠りを!

ネムチカでした。

 

 

関連記事

  1. ベッド 眠る

    ベッドを眠れない場所にしない

  2. ギフトショー

    世界の「睡眠」を探しに

  3. クイズ 男性 クエスチョン

    今日は「睡眠クイズ」

  4. とうもろこしのひげ

    もったいない!この部分捨てていませんか?

  5. 一人寝 芝生で寝る

    睡眠は孤独な作業

  6. ユリ

    ここ数日の暑さ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


プロフィール

2T2_7522

ヨシダヨウコ

寝具店の娘として生まれる。数年前の母の介護生活から睡眠の重要性を再認識し、25年勤務した出版社で得た編集、営業、企画開発の経験から、漢方、発酵食(発酵食大学受講)、アロマ(AEAJ)、入浴方法(無添加自然派石けん、眠れるための入浴剤は自作研究)、リラクゼーションヘッドスパなどを取り入れ、日々「心地よく眠る方法」を探求しながら各方面へ発信中。各世代に必要な眠りと心地良さをお届けしたいという思いで活動をしています。

最近の記事

  1. 栗ごはん

ネムリノチカラ Instagram

集英社OurAge 「ニッポンマダムの睡眠改革」連載中

OurAge