NHKスペシャル「睡眠負債が危ない!」の結果

睡眠負債

こんにちは。

ネムリノチカラのネムチカです。

先日放送されたNHKスペシャルの『睡眠負債が危ない!』をご覧になりましたか?

http://www.nhk.or.jp/special/sleep/

 

ネムチカは学ばせていただいている先生方が出演されていることもあり、テレビなのに思わず姿勢よく、気持ち的にはより身近に感じながら生放送を緊張感をもって見ておりました。

 

 

「睡眠負債」のコトバが浸透?

 

 

 

「睡眠負債」とは、その方が必要としている本来の睡眠時間から、毎日の睡眠時間で取得できている時間の差分(借金)の蓄積とでもいいましょうか、積み残しの分のことをお金に例え、そのような言い方をしています。このブログでも何回かその言葉使い、ご紹介はしていましたが、NHKスペシャルのような特番で行うことで「睡眠負債」のコトバ自体は一気に広まったような気がします。

「睡眠負債」の問題は本人にあまり自覚がなく、長年の積み重ねによってリスクが増大していくことです。

認知症、心臓や脳の疾患、がん、など命に深く関わるものが多く、『たかが眠るくらいで?』などとはいえないくらい睡眠の量、そして質が問われてきています。何十年後の事が思い描けなくても、日々の生活の中でも睡眠時間の不足はさまざまな形で表れてきます。

たとえば事故。昼間の眠気やボーっとしてしまったなどの注意力欠如で起こしてしまう交通事故や工事現場での事故は、生命の危機にもつながりかねません。ささいなことでは「物忘れ」。睡眠不足とは一見関係なように思われますが、注意力のレベルが下がり、気がまわらないパフォーマンスの低下ともとれます。

そんな睡眠不足が原因の経済損失は直接的なもので3.5兆円。医療費なども含むと約5兆円とも言われています(日本大学医学部内山教授データ)。その数値を見る限り、「睡眠」にとうてい『たかが…』とは言いにくくなりますよね。

 

番組内でのデータ集計

 

調査人数:256,395人

平均睡眠時間5時間58分

睡眠負債リスク判定 高: 21%

睡眠負債リスク判定 中: 39%

睡眠負債リスク判定 低: 40%

(NHKスペシャル「睡眠負債が危ない!』より)

以上の結果をどう御覧になりますでしょうか。意外?納得?

データ放送での集計でなければ、これだけの人数に瞬時にデータをとることは不可能ですが、このデータはとても貴重な睡眠データだと思います。(サイトでは番組終了後も同じ設問で、ご自分の睡眠判定ができます)

ご自分のベストの睡眠時間を知る。

ご自分のベストなパフォーマンス状態を知る。

ご自分の健康な心身状態をこれからも保つ。

どうか5年後、10年後元気で活動することが前提ならば、今日から睡眠は大事な大事なメンテナンス時間だと思って、少しでも時間がとれるようにしてみてください。

ネムリノチカラでは、そんな方々のお手伝いをしております。

どうぞお気軽にお問合せフォームからご連絡ください。

 

では、今宵もよい眠りを!

ネムチカでした。

本日もお読みいただきありがとうございます。

 

ブログは毎週火曜、金曜に更新しています。

また、Twitterもはじめました。

良かったらこちらもよろしくお願いします。

 

関連記事

  1. ヨシダヨウコ プロフィール写真

    2018年「睡眠」はじめ

  2. ふとん 運ぶ 子ども 親子

    マイファースト「まくら」

  3. ベッドルーム

    やってしまった。。でも、気持ちいい、二度寝! 原因はこれ、

  4. ベッド マットレス

    マットレスを長持ちさせよう

  5. ネムリノチカラ ロゴ

    「ネムリノチカラ」のロゴができました。

  6. 湯気 コーヒーカップ

    なんとなく心地いいこと

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


プロフィール

2T2_7522

ヨシダヨウコ

寝具店の娘として生まれる。数年前の母の介護生活から睡眠の重要性を再認識し、25年勤務した出版社で得た編集、営業、企画開発の経験から、漢方、発酵食(発酵食大学受講)、アロマ(AEAJ)、入浴方法(無添加自然派石けん、眠れるための入浴剤は自作研究)、リラクゼーションヘッドスパなどを取り入れ、日々「心地よく眠る方法」を探求しながら各方面へ発信中。各世代に必要な眠りと心地良さをお届けしたいという思いで活動をしています。

最近の記事

「LINEお友達」はじめました

友だち追加

集英社OurAge 「ニッポンマダムの睡眠改革」連載中

OurAge

【アメブロ】快眠のヒントがここにも

その睡眠の悩み、電話でお聞きします

専門家として、私も参加しています - ボイスマルシェ 電話カウンセリング