地震、台風、大雨の「夜」の守り方

こんにちは。
ココロとカラダを整える快眠コンシェルジュのヨシダヨウコです。

昨日、気象庁が異例の会見を行いました。
内容は「台風10号への備え」です。

先日9号が行き過ぎたばかりですが、この週末には特別警報級ともいわれる台風への備えを4日中には行ってほしいという内容でした。

日本近海の海水温度が30℃ほどあり、台風自体がまだまだ大きくなることをが予想されています。
915ヘクトパスカルもの巨大台風が来るわけですが、注意といっても人のできることには限りがあります。
でも、この週末は沖縄、九州、四国、近畿以外でも、暖かい空気が日本列島あちこちで気象の変化をもたらしますから、できるだけ備えはしておいて損はないでしょう。

昨年は首都圏に直撃の時がありましたが、その日の騒ぎをを思い出します。
昨年のその日は大きなイベントの開校式で参加していましたが、夜には上陸の情報もあり、みなさん普段買わないようなものが一斉に売れていました。
ちょうど近くに東急ハンズがあり、立ち寄りましたが「棚が空っぽ」でした。

懐中電灯的なものを探してみたのですが、ほとんどなく、最終的に頭につけるライトを購入しました。
その他、電池もなく、非常食的なものもほとんどない売場でした。
その時感じたのは「普段からの備えは、やっぱり必要」だということです。

当たり前の事って、どうしても後回しになったり、耳スルーしてしまう傾向があります。
「睡眠が大事」っていっても同じように、ハイハイってこともあります。

でもこれだけ災害の多い国になった以上、ある程度自分の身を守る手立ては考えておく必要があります。

災害は寝ている時もやってくる

災害に時間は関係ありません。

夜間寝ている時も起きます。

日中、明るい時以上に夜間の方が何倍も大変です。
そのためにも自分の寝ている場所の安全確保を、まず整えましょう。

地震、台風、大雨の対処に関して全部が同じではありませんが、まず大事なことは

1.避難する導線の確保
2.自分自身が怪我をしないこと

だと考えています。

1.非難する導線の確保ですが、
普段から寝床回りには、不要なものは排除しておく方がいいでしょう。

夜間は暗く、さらに起き抜けにボーっとしている時につまづいて転倒するリスクがあります。

特に災害時には「停電」を想定しておく必要があります。

私たちの生活の中で、今や真っ暗の生活はあまりありません。
外のネオンや街灯の灯りで、家の中すら明るいこともあるくらいです。

そのため、ふいに真っ暗になり、慌てて懐中電灯やロウソクをとりにいこうとして、ぶつかったり、転んだりすることもあります。
とにかく自分のいつも導線としているところには、余計なものは直置きしないことです。

次の導線確保として「天井からの落下物」の警戒です。

寝室にタンスを置いている家はとても多いと思いますが、その上に何か乗せていたりしますか?
季節ごとに入れ替える用の衣類ケースとか、お客さん用の羽毛ふとん、さらに子どものいらなくなったおもちゃなど、手に届かない部分だけにさまざまなものが乗っているケースがあります。

地震の時や洪水時は、その大きなタンスさえ簡単に動かしてきます。
揺れがあれば、タンスの上のものは、下に寝ている自分に落ちてくる可能性もあります。

あとは神棚とか、とにかく寝床に入った時に、いつもの風景でも、しっかりあたりを見まわして、落ちてきそうなものがないか、不安定なものがないか確認してみてください。

2.自分自身が怪我をしないこと ですが、
これは自分が非難する時も、誰かを助けるためにもまず大事です。

先の転倒やつまずきもありますが、災害の種類や部屋の構造によっては、窓ガラス、ドアが壊れるなどの被害がでることも想定されます。
寝ている時は「裸足」です。

割れたガラスや何か倒壊したものを越える時も、まずは「足」に気をつけてください。

寝る時に靴を用意し、置いておくのもひとつではありますが(台風など予測が付く場合は、あってもいいかも)、普段でもスリッパやルームシューズ的なものは側においておいた方がいいと思います。ほんの数メートルも移動できない状態もあるかもしれませんから、まずは自分が怪我をせず、脱出できるようにしておくことです。

寝室の状況よって様々ですが、できるかぎりの想像力をもって準備をし、少しでも安全におやすみください。

では、今宵も良い眠りを

このような睡眠環境についても
9月21日発売「眠りのチカラ」に書いております。
詳しくはこちらをご覧ください

 

関連記事

  1. ベッドルーム

    やってしまった。。でも、気持ちいい、二度寝! 原因はこれ、

  2. 夜中の緊急地震速報

  3. パジャマ

    パジャマ着てますか?

  4. ホテル ベッド

    どうせなら、ぐっすり眠れた部屋を真似てみる

  5. あくび 子ども 寝る

    起きたくない朝はどうすればいい?

  6. クリスマス サンタ フクロウ

    【イベント告知】12月3日(日)/12月12日(火) 横浜で2か所 イ…

プロフィール

2T2_7522

ヨシダヨウコ

寝具店の娘として生まれる。数年前の母の介護生活から睡眠の重要性を再認識し、25年勤務した出版社で得た編集、営業、企画開発の経験から、漢方、発酵食(発酵食大学受講)、アロマ(AEAJ)、入浴方法(無添加自然派石けん、眠れるための入浴剤は自作研究)、リラクゼーションヘッドスパなどを取り入れ、日々「心地よく眠る方法」を探求しながら各方面へ発信中。各世代に必要な眠りと心地良さをお届けしたいという思いで活動をしています。

最近の記事

「LINEお友達」はじめました

友だち追加

集英社OurAge 「ニッポンマダムの睡眠改革」連載中

OurAge

【アメブロ】快眠のヒントがここにも

その睡眠の悩み、電話でお聞きします

専門家として、私も参加しています - ボイスマルシェ 電話カウンセリング