春の養生(1)

クコの実

こんにちは。ネムチカです。

このところ桜の開花宣言があったかと思えば、雪が降ったりしてまさに春の変わりやすい天候そのものですね。そのため安定しない気候は体調にも影響を与え、自律神経の乱れなどを引き起こします。季節の変わり目はなんとなく具合が悪いという方も多くいらっしゃいますよね。

漢方の世界の基本になる考え方「陰陽五行説」では、春は「風」に注意して「肝」を労わりなさいと言われます。この時の「肝」は普段私たちが思う肝臓とは異なり、肝臓機能を含めたもっとひろい意味を持ちます。この時期には冬に体内にため込んでしまった毒素を外に出したり、生まれたてのような春の朝日を十分に浴びることが良しとされます。睡眠でも朝日にあたることは何よりもお勧めしたい手軽な養生のひとつです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クコの実食べたことありますか?

クコの実ってそう、杏仁豆腐の上にチョこっとのっているあれです。こんなに小さい割には、実はなかなかの働きものでもあり、女性にとっては特におすすめの食材でもあります。「肝」を補うことで目の疲労、視力の回復、滋養強壮などに効果的です。さらに菊花と合わせてお茶などにするのも手軽な方法かもしれません。私は毎朝、白湯をいただきますが、二杯目にはクコの実を5粒ほど入れて飲んでいます。しばらくおくと水分で柔らかくなり、噛むとほんのり甘く、甘いものを食べたい時の代わりにもなります。

食材にはいろいろな効果効能がありますが、自分の体調や季節に合わせて生活の中に少しだけでも取り入れてみてはいかがでしょうか。

今夜も良い眠りを!ネムチカでした。

 

 

 

関連記事

  1. 枕 まくら たくさん

    「睡眠」を大事にする人たち

  2. なぜ、街頭ピアノを弾くのは男性なのか?

  3. つぼくさ

    睡眠とカフェイン

  4. crea

    今月号のCREA

  5. セミナー 顔 睡眠 

    【ご報告/終了】12月3日(日)『美と睡眠』セミナー @そごう横浜店

  6. ベッド

    ベッドのマットレス(1)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


プロフィール

2T2_7522

ヨシダヨウコ

寝具店の娘として生まれる。数年前の母の介護生活から睡眠の重要性を再認識し、25年勤務した出版社で得た編集、営業、企画開発の経験から、漢方、発酵食(発酵食大学受講)、アロマ(AEAJ)、入浴方法(無添加自然派石けん、眠れるための入浴剤は自作研究)、リラクゼーションヘッドスパなどを取り入れ、日々「心地よく眠る方法」を探求しながら各方面へ発信中。各世代に必要な眠りと心地良さをお届けしたいという思いで活動をしています。

最近の記事

「LINEお友達」はじめました

友だち追加

集英社OurAge 「ニッポンマダムの睡眠改革」連載中

OurAge

【アメブロ】快眠のヒントがここにも