これ、寝室に置いている人、睡眠の質が爆下がります!

bedroom door entrance guest room

こんにちは。ココロとカラダを整える快眠コンシェルジュのヨシダヨウコです。

先日も出張であるチェーンホテルに宿泊しました。予約していただいたホテルだったこともあり、チェックインして初めて部屋のタイプを知ることになるのですが、とても機能的でコンパクトにまとまったレイアウトでした。

最近は皆さんホテルで仕事をするとか、食事をすることが前提なのか、テーブルやワーキングデスクが兼用できるようなスペースが確保されているところが増えたような気がします。

日々、ライフスタイルに応じて変化していくのは当然といえば当然ですね。

ですが、普遍的というかほとんど変わらない物として「テレビ」があります。

テレビ機能だけでないため、モニターと呼んだ方が正解かもしれません。

どんなにお部屋が小さくてもテレビはあります。それこそ、カプセルホテルでもモニターはあります。これだけスマホやタブレットを持ち歩く人が増えてもホテルにはテレビ的なものはなくならないのですね。

これは私の場合ですが、ここ何年もテレビはほとんど見ておらず、家のテレビが壊れた時も買い替える必要はないのでは?と、真剣に思いましたが、今やネットを繋ぎさまざまな動画を見るツールとしての道具として買い替えたほどです。

いずれにせよ、このモニター=テレビは寝る場所とセットとして置かれています。

寝室に置いてはいけないもの

寝室に置いてはいけないもの、それは「テレビ」です。

テレビを見ること、横になって見ること、これらに問題はありません。

ただ、テレビを見ながら寝てほしくないのです。つまり「寝落ち」

テレビをつけたまま、気がついたら朝だった。

朝でなくとも、すでに2時間が経過していた。など、よくある経験だと思います。(毎日という方もいるかもしれませんが)

なぜ寝落ちが問題かというと、ひとつは光の問題です。

大概の場合、この後すぐに寝よう思っていない限り、室内灯をつけたままでテレビを見ていますよね。その状態でベッドに横になり寝入ってしまうと、図上から蛍光灯の光に照らされたまま寝ていることになります。

私たちは明るい=活動時間の認識がありますから、いくら寝入っても深くまで眠れず、睡眠の質的ならものは悪くなり、眠る時間が長くなったとしても疲れが取れない、ぐっすり寝た気がしないなど、自らにマイナスの要素を残してしまいがちです。

そしてもうひとつが、音。

眠りに付いても耳からの音は遮断できません。

特に人の声。

これが耳から入ると脳が休まりません。目には瞼があるので、目をつぶればいいことですが、耳にはフタがない以上、自分で音は遮断しないといけません。

なのに、テレビつけっぱなしで寝ると周りな人が大勢いて、ずーっと喋っている中で寝ているようなもの。

これじゃ、休みたくても休まりません!

ホテルのように、物理的にその場所しかテレビが置けないのならわかりますが、わざわざ自宅でベッドからテレビが見れるように置くことはやめておいた方がいいでしょう。

寝る場所は、寝る専用の場所。

そのために何も置かない。

シンプルイズベスト!

寝室は「つまらない」場所。それでいいと思いますよ。

では、今宵も良い眠りを。

関連記事

  1. ソファで寝落ちしてしまう人への5つのポイント

  2. 運転手

    「安全」「安心」には睡眠が不可欠です

  3. 夏だ!旅だ!海外だ!となれば、時差ボケの話

  4. 真夏だから寝具を洗おう!

  5. 湯気 コーヒーカップ

    なんとなく心地いいこと

  6. crea

    今月号のCREA

プロフィール

2T2_7522

ヨシダヨウコ

寝具店の娘として生まれる。数年前の母の介護生活から睡眠の重要性を再認識し、25年勤務した出版社で得た編集、営業、企画開発の経験から、漢方、発酵食(発酵食大学受講)、アロマ(AEAJ)、入浴方法(無添加自然派石けん、眠れるための入浴剤は自作研究)、リラクゼーションヘッドスパなどを取り入れ、日々「心地よく眠る方法」を探求しながら各方面へ発信中。各世代に必要な眠りと心地良さをお届けしたいという思いで活動をしています。

最近の記事

  1. girl crawling between parents legs
  2. rain droplets on wet glass window
  3. young female sleeping on bed in morning
  4. man stretching arm and yawning

「LINEお友達」はじめました

友だち追加

集英社OurAge 「ニッポンマダムの睡眠改革」連載中

OurAge

【アメブロ】快眠のヒントがここにも

PAGE TOP