0円で「コロナを寄せ付けない方法」

こんにちは。

ココロとカラダを整える快眠コンシェルジュのヨシダヨウコです。

身近な人がどんどんコロナに罹患したとお聞きする頻度がこの8月は急に増えた気がします。そうですよね、それだけ増えているのは確かですからね。

どこでどう罹患したか?

そういわれてもほとんど「どこで?」と思う方がほとんどのようです。あー、あの時かな?とわかれば対処していくことも可能でしょうが、普通の生活で電車で通勤して、仕事して帰宅する。その一連の中での罹患はすでに防ぐことが難しい場合もありますよね。

そこで私がとるべき行動は避けるのではなく「罹患しない免疫力」もしくは「罹患しても悪化させない抵抗力」です。

自分自身のプロテクトを強化する。

それによって罹患しないようにして、もし罹ったとしても軽症ですむようにする。

ワクチンと同じ考えかもしれませんが、自前で強化できるなら、これほど安全で安上がりなことはありません。

この強化は2つ!!

睡眠は最強のコロナ防御

1時間睡眠時間を延ばすことで、コロナの感染確立が12%低下するという研究結果もるようです。

その他にも、罹患しても睡眠をしっかりとっている人の方が重症化しにくいとか、ワクチンの効果も上がるなど、睡眠との関係性は高いです。

そうであるなら、こんな簡単でしかも経済的な方法はないですよね?

ただ寝る。

最初はこれでいいと思います。

睡眠の質がうんぬんかんぬんというより、まず少し長く寝る。

5時間睡眠の人は<6時間>睡眠を目標にしてみる。

6時間の人は<7時間>になるように時間を調整してみる。

そうしていくと、自分の変化に気が付くはずです。

なんかカラダのキレがいいとか、起きた時に頭がスッキリしてるとか、どんどんアイディア湧くなど、

もちろん自分では見えない、カラダの中でも変化は起こり、それにより自分をより守る「免疫力」が強化されることで、コロナに打ち勝つカラダを得ることができるはずです。

まずは1時間睡眠時間を延ばしてみませんか?

急に1時間は大変だと思うので、まず15分刻みで延ばしていきましょう。今週はいつもより15分早く寝る。

いつも24時に寝ているなら<23:45>就寝を設定して、これを1週間続けます。

そしてその翌週は<23:30>にする。

このように15分刻みでカラダと脳を慣れさせ、少しずつ睡眠時間を延ばしてみてはいかがでしょうか。

きっとプライスレスなプレゼントが手に入りますよ。

 

では、今宵も良い眠りを。

 

 

睡眠、休養、ウェルビーイング、などのテーマでセミナーも随時お受けしております。

プロフィール・実績報告

 

関連記事

  1. ぐったり 人

    睡眠時間と就床時間

  2. 【睡眠改善インストラクターが伝える】テレワークで注意すべき点①

  3. OurAge ⇒ スマートニュース ⇒ Yahoo!ニュース

  4. 天使 居眠り

    【セミナー告知】12月3日(日)「睡眠が美人を作る」セミナー&限定3名…

  5. 朝 ベッド 起きる

    今日は日曜日

  6. お通じと睡眠

プロフィール

2T2_7522

ヨシダヨウコ

寝具店の娘として生まれる。数年前の母の介護生活から睡眠の重要性を再認識し、25年勤務した出版社で得た編集、営業、企画開発の経験から、漢方、発酵食(発酵食大学受講)、アロマ(AEAJ)、入浴方法(無添加自然派石けん、眠れるための入浴剤は自作研究)、リラクゼーションヘッドスパなどを取り入れ、日々「心地よく眠る方法」を探求しながら各方面へ発信中。各世代に必要な眠りと心地良さをお届けしたいという思いで活動をしています。

最近の記事

  1. girl crawling between parents legs
  2. rain droplets on wet glass window
  3. young female sleeping on bed in morning
  4. man stretching arm and yawning

「LINEお友達」はじめました

友だち追加

集英社OurAge 「ニッポンマダムの睡眠改革」連載中

OurAge

【アメブロ】快眠のヒントがここにも

PAGE TOP