#コロナ見舞い  そのひとことが嬉しい時もある

こんにちは。

ココロとカラダを整える
快眠コンシェルジュのヨシダヨウコです。

4月も後半です。
いつもの年なら、
今日が金曜日で明日からゴールデンウィーク!と、
ウキウキの人も多いはずでした。

でも、今年は違います。

ゴールデンウィークではないんです。
黄金じゃない。

どうしても通勤しなくてはいけない人も
リモート中の人も
一旦お休みです。

そんな中でも
医療従事者の方や
流通、運輸の方、
交通、公共インフラ関係の方は
働き続けてくれていますから、
そこはできる限り、
この人たちに更なる負荷をかけないようにすることが必要になりますよね。

連休明けに緊急事態宣言がどうなるにしても、
今は「家にいましょう」
#STAYHOME
です。

食べるものが世の中にない訳でもありませんし、
平時では考えられないようなお店の味が、
テイクアウトで楽しめることもあります。

スーパーもドラックストアもオープンしているし、
お酒も売っています。
何も変化はありません。

ただ、家にいる時間を長くして、
人との接触機会を減らすだけです。

変化したコミュニケーション

大きく変わったことのひとつが
コミュニケーションです。

いつも会って、
お互いの他愛ない近況を何時間もおしゃべりしたり、
会えた喜びをハグして表現したり、
信頼の気持ちを握手に込めていたのに
そんな方法がどれもとれなくなりました。

会えない、話せないって、
何だか切なくなります。

でも、全部のコミュニケーション手段がなくなったわけではありません。

この時代だからできることもたくさんあります。
インターネットが使えるおかげで、
オンラインで会議もできるし、
飲み会だって個々の家に居ながら
画面越しに、
おしゃべりして自分の好きなお酒を用意してできる。

スマホやPCでは、どんなに遠く離れていても
今やインフラとしてSNSでメッセージが送れるし、
SNS以外のメールでも気持ちは伝えられます。

「大丈夫?」
「変わりない?」
「大好きだよ」
「ちゃんと食べる?」

と、誰かに伝えてください。

誰かに心配してもらっていると思えば、
ココロが少し暖かくなります。

そしたらその気持ちを
また別の人に向けて差し上げてください。

その方法は、オンラインだけでなく、
時間のある今だからこそ、
「手紙」でもいいですよね。

手書きしながら
その人の事を考えてみる。

特に遠方にいる年配に方は、
オンラインを使っていない人もいます。

GWに行くことはできなくても
手紙は書けます。

コミュニケーションがとれていないと
眠れなくなることがあります。

少しでも心地よく眠るためにも
誰かに
安心できるひとことをかけて差し上げてください。

では、今宵もよい眠りを。

【お知らせ】

コロナ疲れの方が増えてきたようです。
ネムリノチカラでは
女性向け、電話睡眠相談の時間を大幅拡大いたしました。
「眠れない」
「寝ようとすると不安になってしまう」などの方は
一度ご相談ください。

また、お子さんが
「夜更かしで寝なくなった」
「(休校中で)朝起こすのが大変」なども
だんだん深刻な状態にならないための
日常の生活リズムを取り戻す方法もご相談にのらせていただきます。

詳しい内容はこちらから
ご確認ください。。

&nb

関連記事

  1. 「疲れ」が残ってませんか?

  2. 脳を守る、マインドフルネスのチカラす

  3. どこでもでできる、脳の疲れをとる方法

  4. コロナ疲れ? 不安で眠れない時の3つの方法

  5. なぜ、街頭ピアノを弾くのは男性なのか?

  6. 相手の幸せを祈る

プロフィール

2T2_7522

ヨシダヨウコ

寝具店の娘として生まれる。数年前の母の介護生活から睡眠の重要性を再認識し、25年勤務した出版社で得た編集、営業、企画開発の経験から、漢方、発酵食(発酵食大学受講)、アロマ(AEAJ)、入浴方法(無添加自然派石けん、眠れるための入浴剤は自作研究)、リラクゼーションヘッドスパなどを取り入れ、日々「心地よく眠る方法」を探求しながら各方面へ発信中。各世代に必要な眠りと心地良さをお届けしたいという思いで活動をしています。

最近の記事

  1. 2020.07.10

    お通じと睡眠

「LINEお友達」はじめました

友だち追加

集英社OurAge 「ニッポンマダムの睡眠改革」連載中

OurAge

【アメブロ】快眠のヒントがここにも

その睡眠の悩み、電話でお聞きします

専門家として、私も参加しています - ボイスマルシェ 電話カウンセリング