世界中の人が平等にもっているもの

こんにちは。
ココロとカラダを整える快眠コンシェルジュのヨシダヨウコです。

あまり気づきたくなかったのですが、
今年も残り<1ヵ月半!>

イヤー、早い。
早すぎる。

残りの日数で普段の生活の大掃除や
仕事の事務仕事など考えたら、
どこか心だけ逃避行したくなりました。

でも、まだ日はあります。

1日先送りにすればするほど、
つらくなりそうなので、
このあたりから計画立てて師走を乗る切ろうと思います。

私のようにバタバタする人もいれば、
クリスマスにはすでに全部終え、
海外での休暇を楽しむ人もいます。

何が違うのでしょうか。

でも、みんな、世界中の人に同じように与えられたものは
「時間」です。

つまり24時間

お金持ちの人だけ26時間とかはないですし、
忙しい時に2時間プラスされるものでもありません。

いつも24時間
変わりません。

その人に与えられた24時間をどう過ごすか。
どう割り振りして過ごすかは、
その人次第です。

働き盛りの人であれば、
8時間~10時間くらいは仕事、勤務時間となります。

往復の通勤に2時間

それだけで1日の半分になります。
残り12時間のうち
睡眠に何時間、割こうとするのかは、
その方の睡眠に対する考え方が出る部分だと思います。

先日お会いした方は24時におやすみで、
3時くらいに目が覚めるそうです。
3時に起きたら「ラッキー!」と思って、
そのまま行動されるそうです。

自分が十分寝て、3時間で目が覚めたのなら、
それで十分じゃないですか。
と、おっしゃっていました。

また、ある方はは海外在住の方ですが、
眠る時間を大切にしたい、
しかも眠ることが好きとも話されていました。

しっかり眠りたいと思っている周囲にも多く、
また夜間に出歩くより、家で家族と過ごすとか、
自然を楽しみたいそうです。

睡眠不足は、
残念ながら自分では気づきにくいです。

ましてや、
睡眠時間は無駄、怠けている時間と
刷り込まれている方々にとっては、
<敵>のような感覚なのかもしれません。

確かに昔は、
寝る時間があったら勉強しろ!
とか
三当、四落なんて言葉もあり
3時間睡眠なら合格するけど、
それ以外は不合格になるなんて言葉もありました。

睡眠時間を大切にすることは、
「自分を大切」にすることです。

自分を大切にできない人は、
相手も大切にできないような気がします。

どうかこれから師走を迎え、
どんどん忙しくなると睡眠時間が減る傾向にあります。

ご自分を明日も元気に働ける
活動できるようにするために
時間配分を少しだけ考えてみてくださいね。

では、今宵もよい眠りを

女性の睡眠電話相談をはじめました。

関連記事

  1. 電車の中

    通勤時の居眠り(電車編)

  2. ラベンダー

    もっと寝てもいいと思いますが…。

  3. お昼寝 ノート

    暑いし、金曜日でもありますし、お昼寝いかがでしょう?

  4. 枕 まくら たくさん

    「睡眠」を大事にする人たち

  5. 目覚まし時計

    絶賛、睡眠後退中!

  6. 神奈川新聞さんにご取材いただきました

プロフィール

2T2_7522

ヨシダヨウコ

寝具店の娘として生まれる。数年前の母の介護生活から睡眠の重要性を再認識し、25年勤務した出版社で得た編集、営業、企画開発の経験から、漢方、発酵食(発酵食大学受講)、アロマ(AEAJ)、入浴方法(無添加自然派石けん、眠れるための入浴剤は自作研究)、リラクゼーションヘッドスパなどを取り入れ、日々「心地よく眠る方法」を探求しながら各方面へ発信中。各世代に必要な眠りと心地良さをお届けしたいという思いで活動をしています。

最近の記事

  1. ぐったり 人

ネムリノチカラ Instagram

集英社OurAge 「ニッポンマダムの睡眠改革」連載中

OurAge

【アメブロ】快眠のヒントがここにも

その睡眠の悩み、電話でお聞きします

専門家として、私も参加しています - ボイスマルシェ 電話カウンセリング