20220218 快眠コンシェルジュの睡眠日誌

こんばんは。

ココロとカラダを整える快眠コンシェルジュのヨシダヨウコです。

冬季オリンピックもさまざまな競技が行われ、一流の選手たちもやはりこの大舞台では緊張もするし、コンデションを万全にするのはさぞかし大変なのでしょうね。

よく遠征に出かける選手たちは寝具主にマットレスや枕などを持参している方もいます。

スポンサーさんとして協力している会社さんもあるでしょうが、自分のコンデションを維持させるために睡眠時間をちゃんととることは、練習の次に必要なことかもしれません。

睡眠という休息がうまくとれないと、疲労がのこり、また気持ちも上向きになりません。

プレッシャーもかかる上に慣れない場所での競技でパフォーマンスを100%発揮するのは、ほんとうに大変なことだと思います。

そのために睡眠をコントロールすることは成績を左右するような重大な要素になるでしょう。

睡眠の良し悪しが今日を決める

一流のトップアスリートでなくても、日々の中で睡眠が良く取れていなければ、目覚めからその日一日が調子が良くないことはご存じでしょう。

逆もしかり。

ぐっすり眠れた日は、朝からやる気モードでなんだか気分も上がり、カラダも軽く感じたりしませんか?

そう、やはり夜にカラダをどれだけ効率良く休められるかが、翌日の自分を決めてくれているようです。

これは昨日の私の睡眠です。

スコアは83でした。

そんなに悪いスコアではないのかもしれませんが、私的には満足ではありません。

まず、寝足りない。いつもより眠る時間が遅くなりました。オンラインの会議もあり、お風呂に入り寝るまでの時間を急ぎましたが、いつもより遅く寝たのは確かです。

データを見ると、寝始めに深い眠りに到達できていません。

これが休息で一番大事なポイントでもあるのにもかかわらず、そこができていないことで、朝の目覚めも重いものになりました。

多分ですが、オンライン会議で遅くまで光=部屋の電気をつけていて、さらにパソコンの光を浴び続けたことで、脳は覚醒していたと考えます。

いつもなら9時くらいには部屋をかなり暗くしているので、かなりの差です。

それとお風呂の時間。会議後にお風呂に入り、そのあとすぐにに寝ています。

多分それも影響しているでしょう。

少し余裕をもって入眠できれば、さらに良い眠りになったはずです。

このように、自分の睡眠のデータと起きた時の感覚で、自分の睡眠の良し悪しを判断しています。同時に何がよかったのか、何が悪かったのかも検証しています。まっ、毎日実験です。

さて、今夜はどの方法で快眠を手に入れようかな。

今宵も良い眠りを。

 

おひとりおひとりにあった睡眠の方法や改善方法をアドバイスしております。

気になる方はお気軽にお声がけください。

睡眠相談

関連記事

  1. 20190403 快眠コンシェルジュの睡眠日誌

  2. ネムリノチカラ ロゴ

    20181126 睡眠コンシェルジュの睡眠日誌

  3. ネムリノチカラ ロゴ

    20181220 快眠コンシェルジュの睡眠日誌

  4. あの夜の睡眠データを公開します

  5. ネムリノチカラ ロゴ

    20181213 快眠コンシェルジュの睡眠日誌

  6. ネムリノチカラ ロゴ

    20181125 睡眠コンシェルジュの睡眠日誌

プロフィール

2T2_7522

ヨシダヨウコ

寝具店の娘として生まれる。数年前の母の介護生活から睡眠の重要性を再認識し、25年勤務した出版社で得た編集、営業、企画開発の経験から、漢方、発酵食(発酵食大学受講)、アロマ(AEAJ)、入浴方法(無添加自然派石けん、眠れるための入浴剤は自作研究)、リラクゼーションヘッドスパなどを取り入れ、日々「心地よく眠る方法」を探求しながら各方面へ発信中。各世代に必要な眠りと心地良さをお届けしたいという思いで活動をしています。

最近の記事

「LINEお友達」はじめました

友だち追加

集英社OurAge 「ニッポンマダムの睡眠改革」連載中

OurAge

【アメブロ】快眠のヒントがここにも