梅雨時の悩み:「むくみ」「気圧の変化」に良い、トマト以外の食べ物はなに?          

こんにちは。
ココロとカラダを整える快眠コンシェルジュのヨシダヨウコです。

梅雨入りして、
結構な雨も降ってますし、
なによりジメジメがすごい毎日です。

ところによっては大雨のところもあるようですし、
梅雨=少雨なんて思い込みには注意しないといけませんね。

今年は、こんな中でも「マスク」もあるし、
さらにしんどいです。

この梅雨時期に増える悩みが「湿邪」

「湿邪」とは、心身に悪さをする「湿気」のことです。

湿邪の悩みの多くは、
むくみ、だるさ、口のねばつき
食欲不振などが上げられます。

暑さで水分をとるのは必要ですが、
余分な水分がカラダにたまり、
胃腸の症状や痛み、
それに、だるさになってあらわれます。

台風の前に低気圧で調子が悪くなったり
するのもこの仕業です。

この湿邪を抑えるためには、
カラダを冷やし過ぎず
夏野菜をうまく取り入れることで、
水分代謝を良くしてくれます。

特に水を巡らせるという意味で
ウリ科の冬瓜や豆類、
夏野菜のトマト、ナス、キュウリ
を意識してみてください。

夏は、冬に向けての大事な時です。
漢方的にはこの夏の過ごし方次第で、半年後の冬の体調が決まると考えられています。
第二波、第三波が予想されるコロナに負けないためにも
この夏をしっかり栄養と休息をとり、
上手く乗り切りましょう。

では、今宵も良い眠りを。

LINE公式アカウント スタート!
https://lin.ee/SzgZpW
今夜からできる快眠情報など、あなたにあった情報をお届けします。
ぜひ、ご登録くださいね。

 

関連記事

  1. 冬 寒い 朝日 霜

    一陽来復

  2. きんかん

    きんかん仕事

  3. 栗ごはん

    旬のものには訳がある

  4. しそ ジェノベーゼソース

    豪快!みどりちゃん。

  5. 暦は「冬」。この時期カラダには何が必要なの?

  6. ほうれん草、この部分を食べますか?

プロフィール

2T2_7522

ヨシダヨウコ

寝具店の娘として生まれる。数年前の母の介護生活から睡眠の重要性を再認識し、25年勤務した出版社で得た編集、営業、企画開発の経験から、漢方、発酵食(発酵食大学受講)、アロマ(AEAJ)、入浴方法(無添加自然派石けん、眠れるための入浴剤は自作研究)、リラクゼーションヘッドスパなどを取り入れ、日々「心地よく眠る方法」を探求しながら各方面へ発信中。各世代に必要な眠りと心地良さをお届けしたいという思いで活動をしています。

最近の記事

「LINEお友達」はじめました

友だち追加

集英社OurAge 「ニッポンマダムの睡眠改革」連載中

OurAge

【アメブロ】快眠のヒントがここにも