睡眠をトレーニングするという考え方

Sleep paralysis concept. Young man levitating over bed

おはようございます。睡眠改善アドバイザーのヨシダヨウコです。

今年は「睡眠」について世の中が注目した年でした。流行語大賞に「睡眠負債」がノミネートされたり、注目商品に「睡眠改善グッズ」が選ばれたりと、「睡眠」に関する周囲の関心が一気に高まったような年でした。私としてはこれが始まりとなり、もっと皆さんがご自分の「睡眠」を高めてくださるような感じになってほしいと考えています。

睡眠をトレーニングするという考え方

 

昔と言っても、そんなに昔ではありませんが日本の人たちは「水」を買うなんて考えてもいませんでした。

ジュースやお酒、コーヒーなどは手軽に自動販売機や店で買い求めていましたが、水道の蛇口をひねれば出る「水」をわざわざ買おうなどという発想は昔はなかったのです。ですが今は自販機に当然のように水やお茶が並ぶようになりました。さらに家庭でも飲料、お米を炊く時や料理用として購入した「水」が使われ定着もしています。

これは何が変化したのでしょうか?世界からみれば水道のレベルは高く、飲料として問題があるわけではありません。

だとすれば、なぜ?

私は「意識」だと思います。

人は何かを「意識」した時にそのものに関して興味を持ち始めます。

「意識」がないものは自分のとって不要と判断しているからです。

今のトレンドカラーは赤だそうです。先日デザイナーの友人に教えてもらいました。すると不思議なことに、その話を聞いた後からはテレビを見ても、街でショウウィンドウを何気に眺めても、今ままで気にしていなかった「赤」がやたらと目につくようになりました。私自身の意識が変化したことで、トレンドカラーが気になるようになったのです。

睡眠の意識改革

 

「睡眠」も以前から大事だということは皆さんがご存じでした。

初めてお会いする方などは、ご挨拶直後に必ず『睡眠大事ですよね』とおっしゃいます。

<睡眠  =  大事なもの>

という概念をみなさんお持ちなのです。

でも、なぜ大事なのか?なぜ眠らないといけないのか?それについては正直まだまだ認知されているとは思えません。たぶんこの睡眠に関する「認知元年」が今年だったような気がするのです。関心をもって、さらに認知を深めていただく年として重要な1年だったはずです。

私の役割は皆さんに知っていただいた「睡眠の大事さの芽」を大きく伸ばしていくことです。

日々の生活、仕事、子育て、介護など睡眠時間を削る要素はいくらでもあります。ともすれば「なぜ大事」だったのかも忘れてしまいがちです。

その「大事なもの」を忘れないでいただくために時折、「寝てますか」「睡眠の悩みはないですか」「体調の変化がありますか」「寝室の環境はどうですか」などをお聞きしていこうと思います。

睡眠はオーダーメイドのようなものです。その方、その方にあった睡眠の取り方、睡眠環境、生活習慣からのリズムなど様々な要素が絡んで出来上がります。

どうぞそのサポートをお任せください。

お一人お一人のオーダーメイド睡眠を作り上げ、さらにトレーニングすることで「上質な睡眠」を手に入れてください。

明日また元気に活力あふれる一日にするために、パフォーマンスをあげられる睡眠を得るために、ご一緒にベストな睡眠を考えてまいりましょう。

どうぞ今宵も良い眠りを!

本日もお読みいただきありがとうございました。

関連記事

  1. 「夢」と「夢占い」

  2. 断捨離と睡眠

  3. 4月も中旬を過ぎると

  4. 世界の「睡眠」を探しに

  5. ベッドのマットレス(1)

  6. とても硬い鯛!?

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

プロフィール

2T2_7522

ヨシダヨウコ

寝具店の娘として生まれる。数年前の母の介護生活から睡眠の重要性を再認識し、25年勤務した出版社で得た編集、営業、企画開発の経験から、漢方、発酵食(発酵食大学受講)、アロマ(AEAJ)、入浴方法(無添加自然派石けん、眠れるための入浴剤は自作研究)、リラクゼーションヘッドスパなどを取り入れ、日々「心地よく眠る方法」を探求しながら各方面へ発信中。各世代に必要な眠りと心地良さをお届けしたいという思いで活動をしています。

最近の記事

  1. 月 周期 夜
  2. サンタ クリスマス 石けん マーブル
  3. Sleep paralysis concept. Young man levitating over bed
  4. セミナー 顔 睡眠 
  5. ふとん 運ぶ 子ども 親子