5月病はもしかしたらもう始まっている!?

こんにちは。

ココロとカラダを整える快眠コンシェルジュのヨシダヨウコです。

4月になりましたね。

できるだけ朝日を浴びるために、朝さんぽをしていますが、この時期は暑くもなく、寒くもなく良い感じで歩ける上に、一斉に花が咲き始め、とにかく気持ちがいいですね。

写真は川沿いの桜と公園のチューリップです。

川沿いのサクラ

チューリップ2021

歩いているといろいろな事に気づきます。

人の数は確かに増えてきました。朝、出勤する人の数も以前よりは増えているような感じです。そういえば、大学もリアルの通学が始まるところも多く、それに伴い就活も動き出すようですね。ここ1年凍結していたものが少しではありますが、動き出したような気がします。

とはいえ、まだまだ元の通りとはいきません。

在宅ワークを続行する会社や、人の出入りを厳しくしているところもあります。

長いコロナ禍で、気が付かないうちに私たちは多くの「ストレス」を毎日に受けているはずです。

直ぐに誰かと会って、「今日はこんなことがあった!頭にくるなぁ!」なんて憂さ晴らしも簡単にできませんから、どうしても自分の中に中に閉じ込めがちになります。

それが日増しに蓄積してきていませんか?

メンタルダウンに気をつけて

こういった、長い間のストレスはココロにダメージを与えています。

それも知らず知らずのうちにです。

自分でもわからないうちに、忍び寄るように近づいてくるからやっかいです。

でも、ひとつの目安が「睡眠」です。

「この頃なんだか眠れない」

これがサインかもしれません。

ひと晩、二晩のことではなく、幾日も続くようであれば少し要注意です。

疲れているのはずなのに眠れない。

睡眠が十分でもないのに眠れない。

そんな時は、少しだけでも自分のことを振り返ってみてください。

大丈夫かな?

無理していないかな?

我慢しすぎていないかな?

など自分に問いかけてみてください。

また、まわりでそんな感じの同僚の人や、部下の人がいれば「どうしたの?この頃、疲れてる?」と声をかけてみてください。

声かけは大事なアクションです。

誰かが見ていてくれる、それだけでも安心につながるからです。

春になり、生活環境の変わる今、慣れないことでストレスがかかります。ストレスをためすぎないようにすることもひとつですが、周囲もそして、自分のことを見守ることが何より大事です。

 

眠れない日が続く、、、そんな時はご相談ください。

もちろん機密は守ります。

安心してお話しください。

 

では、今宵も良い眠りを。

睡眠相談

 

関連記事

  1. 気持ちが落ち着かない夜のための対処法

  2. A:「世の中で一番愚かなのは、睡眠時間を削ること」

  3. なぜ、街頭ピアノを弾くのは男性なのか?

  4. コロナ疲れ? 不安で眠れない時の3つの方法

  5. 最近の電車事故がとても気になります

  6. 相手の幸せを祈る

プロフィール

2T2_7522

ヨシダヨウコ

寝具店の娘として生まれる。数年前の母の介護生活から睡眠の重要性を再認識し、25年勤務した出版社で得た編集、営業、企画開発の経験から、漢方、発酵食(発酵食大学受講)、アロマ(AEAJ)、入浴方法(無添加自然派石けん、眠れるための入浴剤は自作研究)、リラクゼーションヘッドスパなどを取り入れ、日々「心地よく眠る方法」を探求しながら各方面へ発信中。各世代に必要な眠りと心地良さをお届けしたいという思いで活動をしています。

最近の記事

  1. 2021.07.23

    我と信念

「LINEお友達」はじめました

友だち追加

集英社OurAge 「ニッポンマダムの睡眠改革」連載中

OurAge

【アメブロ】快眠のヒントがここにも