かかえている人が多い”あの”悩み!それも睡眠にかかわることかもしれません

おはようございます。
快眠コンシェルジュのヨシダヨウコです。

梅雨で鬱陶しいですが、みなさん良く眠れていますか?
この時期の睡眠は、これからの夏に向けての準備期間でもあります。
これからは日中も夜も体力を消耗しますから、
是非、この時期はしっかり眠ってくださいね。

今日は、気になる”あの”話です。

日本人でこの悩みを持つ人はかなり多いのではないでしょうか?

昔は女性の悩みのように
思われてきましたが、
実は男性も多い悩みだとわかってきました。

それは「便秘」

なぜ?
と思われる方も多いと思いますが、
人間の<便>は夜つくられています。

健康に問題のある、極端に睡眠時間の短い女性には、
便秘の症状が多い事は発表されています。

寝る時間は単に
カラダを休めるための時間
と、いう考え方は変化して、
今は、睡眠中にいろいろなことが
カラダの中で起きていることが少しずつ分かってきています。

食べたものは、夜中に
ゆっくり小腸から大腸に送られます。

その時間が短いと
消化、吸収、それに送り出すまでの時間も含め
睡眠時間内に終えることができません。

さらに起きて
数分で朝食をとらず
「いってきます!」では、
排便する時間も余裕もありません。

子ども達に便秘が多い理由も
そのせいです。

朝ごはんを欠食することは、
一日のエネルギーがないまま走り出すことと同じですが、
それと同時にカラダにある多くのスイッチを入れ忘れた状態でもあります。

事実、
朝は排泄の時間とされ、
カラダは自然に動きます。

それを後押しするように
空っぽに胃にモノが入ると胃結腸反射が生じ、
便を直腸に送る刺激がつたわり、一連の動作が生じます。

でも、その時間もなく、
スイッチも入らない状態では、
出すものも出せません。

せっかく夜中に準備していても
空振りになってしまうからです。

あとは、夕食を遅くとる、
または寝る寸前まで食べることで、
胃の中のものは消化に手間取り、
消化器官を十分に休めることができないので、
この「押し出すチカラ」も弱まります。

自分の中にはたくさんの
機能が働いて毎日を円滑に過ごせるように
してくれています。

それを
ちゃんと使うか使わないかで、
「健康」という意味が変わってくるんだと思います。

では、今宵も良い眠りを。
ヨシダヨウコでした。

 

毎日更新
「質の良い睡眠で美しさとパフォーマンスアップを手に入れる☆ぐっすり快眠レッスン」

https://ameblo.jp/nemurinochikara/

はこちらをご覧ください。

関連記事

  1. ぐったり 人

    睡眠時間と就床時間

  2. セミナー 睡眠 女性

    【ご報告】睡眠改善アドバイザーと作る、眠りを誘うアロマワックスサシェと…

  3. 大勢のセミナー

    【ご報告/終了】5月24日(木)『攻めの睡眠』@パソナキャリア

  4. ピットイン

    睡眠と事故の関係

  5. ホテル ベッド

    どうせなら、ぐっすり眠れた部屋を真似てみる

  6. つぼくさ

    睡眠とカフェイン

プロフィール

2T2_7522

ヨシダヨウコ

寝具店の娘として生まれる。数年前の母の介護生活から睡眠の重要性を再認識し、25年勤務した出版社で得た編集、営業、企画開発の経験から、漢方、発酵食(発酵食大学受講)、アロマ(AEAJ)、入浴方法(無添加自然派石けん、眠れるための入浴剤は自作研究)、リラクゼーションヘッドスパなどを取り入れ、日々「心地よく眠る方法」を探求しながら各方面へ発信中。各世代に必要な眠りと心地良さをお届けしたいという思いで活動をしています。

最近の記事

ネムリノチカラ Instagram

集英社OurAge 「ニッポンマダムの睡眠改革」連載中

OurAge