【ご報告/終了】5月24日(木)『攻めの睡眠』@パソナキャリア

大勢のセミナー

こんにちは。快眠コンシェルジュのヨシダヨウコです。

今朝はとても朝早くから目が覚めてしまい、二度寝をする気にもなれず、早起きした時間で玄米を炊き、野菜スープを作りながら洗濯したり。。。早起きは三文の徳とも言いますが、いつもならめんどくさいことも意外とできて、時間の余裕って必要だなとあらためて思った朝でした。

とはいえ睡眠時間としては短く、眠気が残っていますし、今日は20分間のお昼寝でカバーすることにします!

そうそう昨日は「お昼寝」の話をしてきました。

睡眠で攻める!

5月24日に新丸ビルにある「パソナ キャリア」さんで『攻めの睡眠  活眠のすすめ』というタイトルでお話しさせていただきました。

ご参加いただいた方は全員ご自分で事業をされてる方、もしくはこれから事業を始めようとされている方々ばかりです。

そのため、誰よりも仕事には責任を持たなくてはいけない方々ばかりです。今回はそのような方々にむけて「攻めの睡眠」と名付けて、自分の毎日の生活の中に積極的に「質の良い睡眠」を取り込んでいただく方法をお伝えしてきました。

日本の睡眠事情の話から、そもそのも睡眠ってどういうことなのか?さらに世界のトップの方などはどうしているのか、などを詳しくお話したうえで、ご自身の睡眠を考えていただけるようなヒントをいくつかご提案しました。

特におススメしたのが、お昼寝でした。

あえて、寝ておくことでパフォーマンスの維持ができるからです。

経営者の方は特に責任、重圧などが重くなります。
眠れなくなる方も多いのは頷けます。

自分の心と体を守るために積極的にとりいて欲しいことを最後に10カ条としてまとめました。
さらに、寝る前にリラックスでき、安眠につながるような呼吸法をいくつかその場で実践してもらい、みんなでスーハ―、スーハ―、していただきました。その時、息を吐くところを私が間違えて吸って!と言ってしまって、思わずウッとされて笑う場面も。。。ほんとすみませんでした。

時間的にもっとあればワーク的なものをもっと取り入れたかったのですが、1時間にできる範囲で精一杯つめてみました。

悩みはいろいろ

その後の懇親会で参加者の方をお話しをしましたが、お悩みはいろいろです。
ご自分の辛さから独自で改善の道を切り開いた方、旦那様の長く続く不眠を気にされている方、事業内容に快眠の要素を取り込みたいと考えている方など、たくさんのお声を聞かせてもらいました。

「睡眠」の仕事をしている人に初めて会いました。
と、おっしゃる方も多く、どんなことしているんですか?とか、今後どうするんですか?とか、やっぱり経営者目線なのですね。

自分自身そんな問いかけに改めて「睡眠」に求められている事の幅広さを認識しました。

もっとこれからいろんな方にお会いして、「睡眠改善」でできる貢献をしていきたいと思います。

パソナグループのみなさま、ご準備から最後までお気遣いいただきありがとうございました。

また、お会いできること楽しみにしています。

関連記事

  1. 寝室 照明

    就寝中の照明

  2. 朝食

    人の睡眠はどんどん遅くなる!?

  3. おはよう コーヒー

    睡眠についてよく聞かれる質問1

  4. 女の子 長い髪

    髪抜けませんか?

  5. ベッド 眠る

    ベッドを眠れない場所にしない

  6. 一人寝 芝生で寝る

    「睡眠の日」

プロフィール

2T2_7522

ヨシダヨウコ

寝具店の娘として生まれる。数年前の母の介護生活から睡眠の重要性を再認識し、25年勤務した出版社で得た編集、営業、企画開発の経験から、漢方、発酵食(発酵食大学受講)、アロマ(AEAJ)、入浴方法(無添加自然派石けん、眠れるための入浴剤は自作研究)、リラクゼーションヘッドスパなどを取り入れ、日々「心地よく眠る方法」を探求しながら各方面へ発信中。各世代に必要な眠りと心地良さをお届けしたいという思いで活動をしています。

最近の記事

  1. 運転手
  2. 天使 休む
  3. 大勢のセミナー
  4. ベッドルーム

ネムリノチカラ Instagram