今年もやります!「ママの復職応援プログラム」

woman carrying her baby and working on a laptop

こんにちは。

マイナス1歳から87歳までの睡眠をサポートする快眠コンシェルジュのヨシダヨウコです。

寒いですね。

ですが暦上の春はもうすぐ。

春になるといろんな節目の切り替えも多いですよね。

昨年同様となりますが、今年もこの時期に「ママの復職応援プログラム」を助産師の柳井めぐみさんと行います。

開催はあえてオンラインです。

なぜなら、赤ちゃんがいる時になかなか自分のためのセミナーに行くって、結構ハードル高くないですか? 途中で赤ちゃんのご機嫌が悪くなる可能性もありますし、何よりママ自身が落ち着いて聞いていられないからです。

そしてもうひとつ大きな点は、「パパにも参加してほしい!」からです。

日曜日の朝ですから、パパもお休みというおうちもありますよね。

「復職」はママだけの問題ではなく、その家族みんなの出来事。

ママだって妊娠、出産を経て久しぶりの職場にドキドキ。

赤ちゃんもずーっとママといたのに、今度は保育士さんだったり誰かのお世話になるので、そこも挑戦です。

パパや周りの家族の方は、どうしたらチームとして、みんながうまくサポートしあえるのかを再構築する必要があります。

そんなこんなの新しい門出を、少し解きほぐしながら、ワンチームとしてできるヒントやアイディアをお伝えする会です。

そのためオンラインでリラックスしながら参加してほしいと思っています。

日時:2024年2月18日(日)10:00~1時間程度。最長11:30まで。 @ZOOM

赤ちゃんもママも周囲も準備が必要

赤ちゃんが生まれて、毎日がアッという間に過ぎて気が付くとこんなに成長して、いろんな事ができるようになっていた。

同じようにママの時間もパパの時間も進行しています。

だからこそご自分たちのことも少し振り返ってほしいのです。

これから健康で楽しい時間をより長く過ごすために、「今の自分に何が必要なのか」そこをお伝えしたいと思っています。

ぜひ、ご家族でご参加ください。

 

詳細、お申込みはこちらから↓

https://smilebby.com/campaign/20240218family/

関連記事

  1. 「眠りのチカラ」夜会の話 と本を発売してからのご報告

プロフィール

2T2_7522

ヨシダヨウコ

寝具店の娘として生まれる。数年前の母の介護生活から睡眠の重要性を再認識し、25年勤務した出版社で得た編集、営業、企画開発の経験から、漢方、発酵食(発酵食大学受講)、アロマ(AEAJ)、入浴方法(無添加自然派石けん、眠れるための入浴剤は自作研究)、リラクゼーションヘッドスパなどを取り入れ、日々「心地よく眠る方法」を探求しながら各方面へ発信中。各世代に必要な眠りと心地良さをお届けしたいという思いで活動をしています。

最近の記事

  1. ネムリノチカラ
  2. woman in grey pants holding black and purple stroller
  3. man standing on stool at seaside
  4. person in beige sweater holding a cup of warm beverage
  5. woman carrying her baby and working on a laptop

「LINEお友達」はじめました

友だち追加

集英社OurAge 「ニッポンマダムの睡眠改革」連載中

OurAge

【アメブロ】快眠のヒントがここにも

PAGE TOP