事故防止対策は、乗務員さんの「睡眠」改善から

 

 

「睡眠」チェックでお困りではありませんか?

2018年6月から乗務員さんの「睡眠」を必ずチェックすることが義務づけられました。「睡眠不足」は単に健康を害するから、生活習慣病を招くからというだけでなく、乗務員さんにとって、最も重要な<集中力><パフォーマンス維持>などを低下させ、重大な事故につながる恐れがあると懸念されているからです。

事故は乗務される方のみならず、同乗者、そしてその家族をも悲しい結果に巻き込むことになりかねません。また、それ以上に会社側の責任が問われる事になりました。

知らず知らずにこの負債を溜め込むことで、起きる事故、疾患を防ぎつつ、自分のパフォーマンスを維持するための単なる惰性の睡眠ではなく、「質の良い睡眠」を得て、「心と体の安全を守る睡眠」を身につけていただきたいと考えています。

すぐに始められます

知らず知らずに睡眠不足を溜め込むことが起因となる事故、生活習慣病や血管に負荷がかかり起きる重大疾患など、「睡眠不足」は数多くのリスクを生むことが、近年徐々に明らかになってきています。それを予防するためには、本人の「睡眠」に対する認識を変えることがまず必要になります。単に寝ればいいいという惰性の睡眠から、「質の良い睡眠」に変化させ、「心と体の安全を守る睡眠」を身につけていただきたいと考えています。

こんな事を求めていらっしゃいませんか?

✔業務上の安全面、安定を強化して事故0を目指したい

✔乗務員さんのやる気を引き出したい

✔欠勤、退職する人を減らしたい

 

【導入プログラム案】

ステップ1: 「睡眠」研修(簡易睡眠チェック付き 1時間/1回 )

睡眠が大事なことを皆さんご存じですが、具体的に何が大事で、どのように改善していくことで、睡眠の質が良くなるのかをセミナー形式で、クイズなども交えてお伝えしていきます。 必要に応じてワークなども取り入れ、その日からでも始めていただける実践形式です。

ステップ2: 乗務員さんの「睡眠の質」を計測(1人/1回 、10名~)

体温は体温計、血圧は血圧計、睡眠は?ご自分の睡眠を計ったことがない、という方がほんとんですが、この簡易検査では、ご自宅で1晩計測するだけで睡眠時無呼吸症候群などが隠れていないかを調べることが可能です。(予算案:機種によって異なります 人数×実費 )

ステップ3: 睡眠改善が必要な乗務員さんの個別フォロー(隔月)

ステップ2で睡眠に問題を把握していただいたのち、医療施設での治療、もしくはそれ未満の方も含め、個別でカウンセリングを行いつつ徐々に睡眠の質を上げるために、継続的にフォローして参ります。隔月お伺いして、数名の方と面談の上、睡眠状況をお伺いします。(年契約 隔月 6回訪問)

ご質問、ご相談だけでも承っております。お気軽にお声がけくださいませ。

https://nemurinochikara.com/sleep-inquiry/

睡眠改善セレクトショップはこちらからどうぞ

プロフィール

2T2_7522

ネムチカことヨシダヨウコ

寝具店の娘として生まれる。数年前の母の介護生活から睡眠の重要性を再認識し、25年勤務した出版社で得た編集、営業、企画開発の経験から、漢方、発酵食(発酵食大学受講)、アロマ(AEAJ)、入浴方法(無添加自然派石けん、眠れるための入浴剤は自作研究)、リラクゼーションヘッドスパなどを取り入れ、日々「心地よく眠る方法」を探求しながら各方面へ発信中。各世代に必要な眠りと心地良さをお届けしたいという思いで活動をしています。

最近の記事

集英社OurAge 「ニッポンマダムの睡眠改革」連載中

OurAge