【登壇】日本CHO協会 公開シンポジウム

睡眠の話というよりは、今までの仕事について話す機会をいただきました。

会社生活が28年くらい、その後の独立。
ブラック企業での勤務、介護退職寸前までの経緯など、
大手の人事部にいらっしゃるご担当者にトークセッションという形で話をしました。

みなさん退職後も以前の会社の仕事をしながら、新天地で活躍されたり、
自ら退職前にきちんと準備された資格で独立されたり、
いろいろなパターンの方との登壇となりました。

その中で私自身強く感じたことは、
「イメージすることの大切さ」です。

この先のこと、この先の社会、
相手の困りごと、社会の困りごと
などを思い馳せることが必要だと。

誰も未来はわからないです。
でも、どうしていこうかを考えることはできます。

そのことを、改め教えていただいた場でした。
貴重な機会をいただきありがとうございました。

日本CHO協会 公開シンポジウム
「シニアが活躍する社会と企業への道程」

プロフィール

2T2_7522

ヨシダヨウコ
寝具店の娘として生まれる。数年前の母の介護生活から睡眠の重要性を再認識し、25年勤務した出版社で得た編集、営業、企画開発の経験から、漢方、発酵食(発酵食大学受講)、アロマ(AEAJ)、入浴方法(無添加自然派石けん、眠れるための入浴剤は自作研究)、リラクゼーションヘッドスパなどを取り入れ、日々「心地よく眠る方法」を探求しながら各方面へ発信中。各世代に必要な眠りと心地良さをお届けしたいという思いで活動をしています。

【アメブロ】快眠のヒントがここにも

その睡眠の悩み、電話でお聞きします

専門家として、私も参加しています - ボイスマルシェ 電話カウンセリング